長野原合戦

gazou○開戦の準備(真田方)
本格的に吾妻郡を攻略することになった真田幸隆は兵糧を信州小県より運び、鎌原と長野原の城に貯蔵した。
長野原城は羽尾入道の手の者はいなくなり、真田幸隆の弟である常田新六郎が大将で、草津の湯本善太夫の一党などが城を守っていた。

 

○開戦の準備(斎藤方)
岩櫃城の斎藤越前守は真田幸隆の吾妻郡侵入を奪回するために北群馬郡子持村白井城(上杉謙信方の長尾氏)の援助を得て羽尾入道道雲、海野能登輝幸を指揮官として出動した。

 

○長野原城への進軍
東部吾妻の侍大将が一つになって八百騎余が暮坂峠から長野原城(箱岩城)に軍を進め、塩野谷将監と白井勢三百余騎は小雨川を渡って進軍した。羽尾入道と能登守は軍五百騎余で長野原町林から進軍した。箱岩城の常田はこの大軍を迎えて戦ったが、農繁期のため城に味方する農兵も少なく、やむなく須川橋と琴橋を落として敵の侵入を食い止めていたが、斎藤方は林村の山から大木を伐り倒し、これを須川に投げ込み、にわかづくりの橋をつくり、その上を伝って長野原側に攻め入った。

 

○真田方の敗戦
真田方に大将常田新六郎は奮戦したが力及ばず、先頭に立って長野原の諏訪神社のあたりで指揮していたが、遂に斎藤方に討たれて討死してしまった。鎌原幸重の援軍もためにならず、真田幸隆、鎌原幸重方は散々の敗戦となってしまった。羽尾入道は雪辱がなり再び本領羽尾城に入りもとの支配に戻った。真田幸隆方は鎌原へ集結し武田信玄のもとへこのことを伝え援軍を頼んだが、信玄はほかの作戦で応援することができず、真田とその先手となっていた鎌原もしばらくは策の施しようがなかったのである。この長野原合戦について、『加沢記』(巻之一)に次のように述べている。

 

○長野原合戦之事(原文)
永禄六年九月下旬の事也けり。長野原の用害には幸隆公の舎弟常田新六郎大将にて、湯本善太夫、鞠子藤八郎、加勢は芦田下総守の手の者依田彦太夫、室賀兵部太輔手の者小泉左衛門勤番なりけるか、斎藤越前守は白井より加勢を請、斎藤弥三郎、羽尾入道、海野能登守大将にて、植栗安房守、荒牧浦野中務、斎藤宮内右衛門、富沢豊前、蟻川源次郎、塩野谷将監入道、割田掃部介、富沢勘十郎、横谷左近、佐藤豊後、割田新兵衛、唐沢杢之助、同右馬介。加勢には白井八郎、神庭三河入道、牧弥二郎。相随侍には野村靱負、飯塚大学之助、村上杢之助、大島式部、石田勘兵衛、都合其勢八百余騎。斎藤弥三郎、塩野谷将監は暮坂を経て、白井の加勢弐百余騎都合三百余騎小雨川を打渡て湯窪の辺へ押寄たり。追手は羽尾、浦野、植栗五百余騎大城山へ掛上て用害を見下し、相図の貝を吹立。鯨波をとっと作り、鉄炮を打懸ける程に、城中には民農業の時分なりけれは在家に下りて小勢也けれは須川、琴橋両所の橋を引て防けれは、大城山より材木を伐込、須川を一時に埋、陸路にしておめいて懸りけれは、大将常田こらへ兼自ら諏訪明神の前に出向て防けるか、羽尾と相戦て終に討れ給ひけり。究意の要害也けれとも大将うたれ小勢也、難所の事也けれは鎌原の勢加勢も不ㇾ及けれは、夜中に用害を忍出て鎌原の城へそ集けり。羽尾喜悦して則用害に入替てこそ本領を押領しけり。此由甲府へ注進したりけれ共、其頃越中、駿河へ御働有けれは御加勢も難ㇾ叶空しく月日を過し行けり。

 

○長野原合戦後記
以上が『加沢記』の記述である。もちろん同書の著者加沢平次左衛門はその実戦を見ていないから聴書によって書いたものでありすべて正しいとは言えない。しかし、真田幸隆の弟の常田新六郎が岩櫃城主斎藤越前守の反撃作戦に敗れて戦死したことは事実である。そして羽尾入道道雲が鎌原を追放して長野原城に復帰してもとのようにこの地方を支配したことも確かであろう。

 

長野原町誌(上巻)より抜粋